忍者ブログ

2019
10
16

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019/10/16 (Wed.)

2008
03
26

講座に参加して思ったこと

私が病気になって、すごくショックなことが2つあった。

 一つは最初にお世話になった病院で 
CHOPを4回 
C-MOPPを10回
 (移植を受ける前は治療の回数などしっかり記憶していたが、移植の後すっかりそれらのことを忘れてしまったので回数はあやふや。)

そ の治療を受けた後、1年経過観察して 腹水が6リットル溜まりどうしようもなくて 次の病院に転院した先の主治医のお話。

 あなたのステージなら最初にCHOPを8回受けていたら治癒していた。多分 女性だと言うことで薬の量も手加減されて少なかっただろう事だから 治っていたかもしれないのに治らなかった。 

私は CHOPの4回が8回になっても全然平気だったのに 積極的に治療する気満々だったのに、後からそんなこと言われてすごく悔しい思いをした。

 「後からの話」なので、8回治療を受けても治癒しなかった可能性もあるけれど 治るチャンスを逃したと言うのはなんとも悔しい。 

その治療方法が、入院していた病院の治療方針なので それがその時限界で仕方ないことだったと納得はしているが 選ぶ病院によっては治っていたのだ。 



ショックの2つ目は
千葉敦子さんの治療があれほどまでに積極的なものでなければ、彼女はもっと長く生きられた。
と書いた記事を読んだとき。

 これも「後からの話」彼女が逝ったあと 治療の研究が進んだ今になって間違っていたと言われてもねえ。
悔しすぎるじゃないか。 

だから積極的な強い薬の化学療法は命取りの元 よりリスクの少ない治療で病気と共存・・・

 したくない。

 長引く治療には時間もお金もかかる新しい試みの薬の何と高価なこと 高価なリツキサンの上に まだまだ高価なゼバリンを付けて、これで固まっている悪い細胞の中まで放射性同位元素でやっつけられます。
 いったいこの治療に幾らかかるのでしょう。聞くのも怖い。

 出来ることなら 長引かせないで治すように研究を進めてもらいたい。
長引くと気力も体力も弱くなってしまいます。  
それから
治療してみたけれど薬が効かなかったから薬を変えます。
と言うことがないよう 早期に遺伝子を調べて 使える薬が分かるように研究してもらいたい。 

私の希望です。


今回 韓国の研究が進んでいると言う話を聞きました。
将来的には韓国で治療する と言う選択肢も生まれるでしょう。

PR

2008/03/26 (Wed.) Trackback(0) Comment(2) survivor 生存者になるために

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

こんばんは^^
桜の花が咲き始めましたね♪

ホント!すずめさんの言う通り!!
『長引くと気力も体力も弱くなってしまいます。』 ・・・私も20回以上の抗がん剤。
いつまで?・・・だんだんそんな風に思うようになって来ました。
弱気はいけないと思いつつも・・・。 

たんぽぽ  2008/03/26 (Wed.) 22:49 edit

20回以上というのは長いですね。
治療はつらくないですか?

私の主治医は 「つらくないか?」「何も我慢しなくていいよ。」そう言って つらいときはいろいろ手立てを考えてくださいました。

無事に治療を乗り越えられますように。
「弱気」が出てきたら 一緒に手立てを考えましょう。応援しています。

すずめ  2008/03/28 (Fri.) 12:04 edit

Trackback

Trackback for this entry:

Twitter ブログパーツ

天気予報

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[01/15 れいんぼーまま]
[10/17 ダイアナ]
[10/07 すずめ]
[10/05 道子]
[09/21 すずめ]
[09/18 ponちゃん]
[09/15 すずめ]
[09/12 ponちゃん]

最新記事

リンク

カテゴリー

プロフィール

HN:
すずめ
性別:
非公開

本をさがす

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

RSS

アクセス解析